サリドマイドは膵臓がん患者の悪液質を改善する

がん性悪液質というのは、進行がん患者において、がん組織から産生される腫瘍壊死因子α(TNF-α)などの炎症性サイトカインによって、体重の減少や食欲低下が起こる病態です。進行がんや末期がんの患者でも、この悪液質を改善することができれば、延命につながると考えられています

サリドマイドはがん組織からのTNF-αの産生を抑制して、がん性悪液質を改善することは以前から知られています
「Gut」という医学専門雑誌の2005年4月号(54:p540-545)には、ランダム化試験において、膵癌患者の悪液質に対するサリドマイドの有効性を示すランダム化試験の結果が報告されています。

英国サザンプトン総合病院で実施されたこの二重盲検試験では、体重が10%以上減少した進行膵癌患者50例を対象とし、サリドマイド 200mgの1日1回投与またはプラセボ(偽薬)投与のいずれかの群に被験者を無作為に割り付け、体重および栄養状態の変化を観察しています。

4週後の時点で、サリドマイド投与を受けた患者は体重が平均0.37kg、腕の筋肉の体積が平均1.0cm3増加しましたが、プラセボ群の患者は体重が平均2.21kg、腕の筋肉の体積が平均4.46cm3減少しました。

8週後の時点で、サリドマイド群では体重が0.06kg、腕の筋肉の体積が0.5cm3減少したのに対して、プラセボ群では体重が3.62kg、腕の筋肉の体積が8.4cm3減少しました。身体機能も体重増加に比例してサリドマイド投与群で改善しました。

以上の結果は、サリドマイドが進行した膵癌患者の体重減少や栄養状態の悪化を防ぐ上で有効であることを示しています。

【オリジナル論文の要旨:Gut. 2005;54(4):540-545. 】
Thalidomide in the treatment of cancer cachexia: a randomised placebo controlled trial.
Gordon JN, Trebble TM, Ellis RD, Duncan HD, Johns T, Goggin PM.
Mailpoint 813, Level E, South Block, Southampton General Hospital, Southampton SO16 6YD, UK. j.gordon@soton.ac.uk.

BACKGROUND: Proinflammatory cytokines, especially tumour necrosis factor alpha (TNF-alpha), play a prominent role in the pathogenesis of cancer cachexia. Thalidomide, which is an inhibitor of TNF-alpha synthesis, may represent a novel and rational approach to the treatment of cancer cachexia. AIMS: To assess the safety and efficacy of thalidomide in attenuating weight loss in patients with cachexia secondary to advanced pancreatic cancer. METHODS: Fifty patients with advanced pancreatic cancer who had lost at least 10% of their body weight were randomised to receive thalidomide 200 mg daily or placebo for 24 weeks in a single centre, double blind, randomised controlled trial. The primary outcome was change in weight and nutritional status. RESULTS: Thirty three patients (16 control, 17 thalidomide) were evaluated at four weeks, and 20 patients (eight control, 12 thalidomide) at eight weeks. At four weeks, patients who received thalidomide had gained on average 0.37 kg in weight and 1.0 cm(3) in arm muscle mass (AMA) compared with a loss of 2.21 kg (absolute difference -2.59 kg (95% confidence interval (CI) -4.3 to -0.8); p = 0.005) and 4.46 cm(3) (absolute difference -5.6 cm(3) (95% CI -8.9 to -2.2); p = 0.002) in the placebo group. At eight weeks, patients in the thalidomide group had lost 0.06 kg in weight and 0.5 cm(3) in AMA compared with a loss of 3.62 kg (absolute difference -3.57 kg (95% CI -6.8 to -0.3); p = 0.034) and 8.4 cm(3) (absolute difference -7.9 cm(3) (95% CI -14.0 to -1.8); p = 0.014) in the placebo group. Improvement in physical functioning correlated positively with weight gain (r = 0.56, p = 0.001). CONCLUSION: Thalidomide was well tolerated and effective at attenuating loss of weight and lean body mass in patients with cachexia due to advanced pancreatic cancer.

【コメント】
この臨床試験の結果がすべてのがんに一般化できるかどうか、また体重減少の抑制が延命につながるかどうかは、まだ明らかになっていません。しかし、がん性悪液質を改善することは延命につながる可能性は十分にあります。がん性悪液質を改善する方法としてはメラトニンやCOX-2阻害剤、漢方薬なども有効です。
がん性悪液質、およびサリドマイドに関しては以下のサイトもご参照下さい。
http://www.1kampo.com/topics-10(cachexia).html
http://www.1kampo.com/topics-9(thalidomide).html